私の理想(47㌔、BMI19)を維持しながら糖質摂取量を増量中

f:id:lifeplus-store:20201128131532p:plain

段階的に糖質摂取を増やしながらリバウンドを阻止するという実験を行っています。

実験課題は、体重47㌔台(≒BMI19)を維持しながら、段階的に糖質をどこまで増やせるか、見極めること。

段階的に糖質摂取を増やしながらリバウンドを阻止

糖質を増やす目的は、好きなラーメンやそば、小麦のパン、びっくりドンキーのポテサラバケットステーキを、たまには食べれる食生活に戻すこと。

糖質40gから50gに増やす実験

実は、ここ一週間、糖質40gにして様子を見ています。カロミルでは糖質量と体重の推移をグラフにしてみることができますが、そのスクショを貼ってみたので見てください。

👇

f:id:lifeplus-store:20201128131653j:plain

朝食にオートミール30gにすると一日の糖質量は、どうしても40~45gになります。

それで一か月ほど様子をみてみました。

結論として、低GL値の食品を選んだ場合、糖質50gまでなら、体重は維持できるということがわかりました。

たまに食べすぎても大丈夫

外食(天ぷら定食)したとき、つい食べすぎて89.8gも糖質を摂ってしまいました。ちなみにこの日、総カロリーは1020㌔㌍でした。

食べすぎたその翌日、体重計に乗ったら、47.7㌔まで増加して焦りましたが、翌日からいつもどおり、45~50gの糖質に戻すと、体重は、二日で47.2㌔に戻りました。(この辺はグラフに表れた通りです。)

この一週間の実験で、50gまで糖質を増やしてもOKだという自信がつきました。

ただ、糖質の多い食事はお腹がすきます。

チーズやナッツ、チョコレート効果などの低糖質のおやつを用意しておくといいですよ。

或いは、脂質とタンパク質に余裕があればバターコーヒーやプロテインを摂れば空腹はしのげます。

糖質摂取量50gの幸福

f:id:lifeplus-store:20201128131753j:plain

50gまで糖質をいただけるということは、朝にオートミール30g、昼にフランスパンを一切れ食べてもOK になり、炭水化物を増やした分、脂質を減らせるので、無理にバターコーヒーを飲む必要もなくなります。

(バターコーヒーをお好きな方もおられるかもしれませんが、私はあまり好きではありません。)

さて、こうして一日のうち二食が普通になると、かなり普通の食事に近づきます。

50gになると食べていい食品がこんなに増える

昨日は、朝にオートミール30gと牛乳50㏄(糖質7.5g)と、お昼に糖質40%カットのお蕎麦を120g(糖質18g)を食べられました。

今日は、朝にオートミール30g、お昼はフランスパン一切れ(糖質16.5g)を食べる予定です。

私の結論は、50gの糖質を守っていく限り、体重と体脂肪率は維持できるというものでした。

もしも、たまに外食して糖質を増やしてしまったとしても、数日で元に戻ることがわかっているので、そう深刻になる必要はありません。安心して食べられます。

自分の限度をしっかり把握する

f:id:lifeplus-store:20201128131818j:plain
1000㌔㌍と糖質50gは、私の限度です。

ラーメンだって、ハーフラーメンでスープを残せば、糖質は17gくらいですし、びっくりドンキーのポテサラバケットステーキ(糖質28.1g)も付け合わせ(11.9g)を残せば、糖質16.1gなので食べても大丈夫。

(参考: https://locabo-dieter.com/bikkuri-donkey/)

和食レストランでは、てんぷらと刺身をつまみで取って、お寿司を二個か三個(寿司一個の糖質は約6g)なら余裕で食べれます。

自分の限度を知って、限度の中で食べられるものを考えれば、どこに食事に誘われても怖くありません。

自分がどれほどまで食べてもいいか、どれくらいまで食べすぎてもいいか、( ´艸`)、

それをしっかり把握できていれば、太る恐怖から自由になり、心から食事を楽しめるようになります。

タイトルとURLをコピーしました