金森式ダイエットをするときに用意したいサプリメント

f:id:lifeplus-store:20201128131346j:plain

低糖質ダイエットと一口に言っても、緩いものからきついものまで、ピンからキリといっていいかもしれない。

糖質をぎりぎり迄断ち、脂を無制限に食べる金森式ダイエットは、低糖質の究極といっていいだろうか。

ケトンダイエットでは、100gあたりの糖質が10g以下のものを選んで食べていいというルール。

それに対して 金森式は、僅かな糖質も摂らない。

ということは、根菜類や穀類、豆類はもちろん、糖質がわずかしかない野菜やキノコ、海藻も摂らないということ。

そもそも、金森式は、野菜や食物繊維を取る必要はないという考え方だ。

人は、肉食動物?

t.co

ライオンと同じ肉食ということではなく、消化器官がどちらかというと肉食動物のもので、穀物を主食にする今の食事スタイルは、身体にあっていないんだという説を唱えています。

でも、野菜を食べない代わりにビタミンやミネラルも必要だし、便秘にならないためのプロバイオティクス、ファイバー、緩下剤、消化酵素などのサプリメントも勧めます。

牛脂や肉類を中心にした高脂質食は、お腹いっぱい食べてもファスティング(断食)のような状態になり、脂質をエネルギーに変えるケトーシス状態にするため、身体の脂肪が燃えて消えていくというメリットがあります。

しかし、おすすめのサプリメントを見ると、金森式ダイエットには栄養面で問題があり、リスクも高いということです。

そのリスクを回避するために、たくさんのサプリメントが必要なんですね。

金森式が薦めるサプリメント

断糖高脂質食を実践したにもかかわらず、一定の体重まで減少した後停滞してしまう人がいて、金森先生がその原因を検討された結果、質的栄養失調であることが分かったそうです。

質的栄養失調とは、

いままでカロリー制限ダイエットをしてしまっていた李、断食をしてしまったりしたことで体内で必要な補酵素、補因子が枯渇してしまって。脂肪を取り込んでエネルギーに換える、ヒトの細胞内のミトコンドリアが活性化できていないこと

要するに、ビタミンやミネラルの不足が原因で、身体に蓄積された脂肪が燃焼されないという状態です。

そこで、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、ビタミンCなどのサプリメントを摂るように勧めています。

その結果、スルスルと体重が落ちていったそうです。(;”∀”)

でも、

どの栄養素がどれくらいたりていないかは、人によって異なる

そこで必要になるのは、自分の身体との対話

  • BUNが20以下の人
    高脂質食より先に高タンパク質にしてタンパク質を充実させる
  • オメガ6が過多の人
    オメガ3の魚油を摂取するか食事をオメガ3中心にする
  • 慢性炎症を起こしている人は、乳化剤を含むチーズなど原因の食品を減らす

金森先生の愛用のサプリメント

ブログか何かで紹介されていました。👇

f:id:lifeplus-store:20201128131024p:plain

左から、ナイアシン、オメガ3、ビタミンB群、マグネシウム、megaD-3&MK-7(天然ビタミンD3: コレカルシフェロール, ビタミンK2: MK-7 (MenaQ7) 型)

👇これらサプリの目的

ナイアシンは、コレステロールが上がり気味になるので摂ったほうがいいそう。マルチビタミンの中にも含まれているけど、原料効果を求めるには足りないようですよ。

糖質制限でLDLコレステロールが上がった時の考え方と対処法

👇

ナイアシンは、他のどんな高脂血症治療薬より、安全かつ有効な高脂血症治療薬である。(ナイアシンアミドにはその作用はない)。ナイアシン投与により血中コレステロール値は、高い人は下がり、低い人は上がり、180に収斂する。ナイアシンは、中性脂肪を下げ、LDL-コレステロールを下げ、HDL-コレステロールを上げる。
ナイアシン2g投与にて、中性脂肪とLDL-コレステロールは50%低下し、HDL-コレステロールは35%増加する。

<参照元>精神科医こてつ名誉院長のブログ 栄養素についてのまとめ、1.ナイアシン

2gというと、2000㎎・・・

500㎎を3回とっても過剰摂取ではないってことか…

ただし、

ナイアシンフラッシュが起きるので、少ない量から試す必要があります

タイトルとURLをコピーしました